FC2ブログ
自負。
今週の火曜日に東儀秀樹の講演を聞いた。
うちの大学でやったんだよね。

あ、東儀秀樹という方は雅楽家であって、
雅楽というものをある意味でメジャーにした人です。

雅楽って存在は知ってても、なかなかよく分からないもんね・・・。
え、そんなことない?
無教養でごめんなさいorz


「東儀家」というのが、代々、宮内の雅楽家を輩出している家だそうです。
だけど、彼の東儀の血は母方です。
いつからか分かりませんが、男しか宮内の雅楽家として認められない風習があったそうで、
彼の両親はともに雅楽とは直接関係していません。


彼は、父の職業の関係で幼少期を世界各地で過ごしたそうです。
とうぜん、雅楽とのふれあいはまったくなかったそうで。
ジャズ、フォーク、歌謡曲、ポップ・・・さまざまな音楽に触れたと言っていました。

だけど、彼は自分の音楽の才能を感じていたみたいで、
音楽にかかわる仕事ならどんなものでもやっていけるという自負があったそうです。



そんな彼が18で、宮内の門を叩きます。そこには彼の母の勧めがあったそうです。

雅楽というのは口伝で、雅楽家は幼少期からその素養を深めさせられるらしいです。
そんな世界に海外で長くすごした18の青年が飛び込もうとするわけです。

しかし、彼の東儀の血と音楽の才能を前に、そういったシガラミは払われました。


そうして、
おそらく過去の雅楽家の中で一番さまざまな音楽に触れたであろう東儀秀樹が雅楽家としての道を歩みはじめました。





雅楽には、それぞれの音に対応して 色 方角 感じる器官 などがあるそうです。
たとえば、ソなら 青 東 肝臓 ・・・(全部うる覚え)みたいな感じです。
さらに、代表的な楽器三種
 「笙・篳篥・龍笛」 はそれぞれ 「天 地(人間) 空間」
を表しています。

音楽でひとつの世界を作り上げ、そらにその音楽は感覚でその世界と人間とをリンクさせるわけです。


ちなみに、パイプオルガンと笙は同じ構造をしているらしいです。

この楽器三種は講演で聞くことができたんですけど、僕は笙が一番すきな音でした。

ひとつの笙から和音が奏でられるのは、まさに圧巻。
まさに天、天からの光です。
日光はさまざまな波長の足し合わせによる白色光。和光。とか言っちゃったりして。




東儀秀樹さんの曲。
いいですよ。
ぜひ、一度聞いてみることをオススメします。

スポンサーサイト



ちょっと前に

MENSA

っていう団体への入会テスト受けたんだけど、今週の火曜日に合格通知きた。


ちなみに
MENSAとは

mensa INTERNATIONAL
JAPAN mensa

こんな団体です。


IQって不思議ですよね。
頭の良さにIQを指標にしたりもするけれど、
(「頭の良さ」の定義にもよりますが、)
俺はIQは頭の良さには直結していない気がする。

俺はIQテストと名のつくものとかの成績はかなり良かったりするんですが、
俺、そんなに頭良くない。むしろ阿呆。
周りに俺より頭良い人いっぱいいるもん!
so many.


ならなんで、こんなテスト受けたかというと・・・。
単なる興味ですねw

JAPAN MENSAの掲示板(今はもうない)とかを見ても、
自分のIQの高さに誇りを持ってる人(誇りを持つべきポイントがズレてる気がしますがw)とか多くて、
「MENSAってそんなに入るのムズイのか!」
って思ったんですよ。

難しいパズルとかは解きたいって思うじゃないですか。
それで受けたわけですが・・・。

実際のテストが簡単すぎてもうーーーーーー!

結果でてないけど、かなりの自信で満点です。

あんな簡単な問題、多くの人が高得点だよ。



もしあのテストでIQを測定できるというなら、より確信します。


  IQはある程度あれば頭の良さに関係ない
                            」


まぁ、箔はついたけども。
MENSA受けてもそんな得な感じはしないよw
研究室が決まった。

ボーズ・アインシュタイン凝縮(BEC)とか量子メモリとかエンタングルメントとか
やってるとこです。


D2の先輩が内閣総理大臣賞取ってるって。

SUGEEEEEE!


さて、とはいっても高々学部四年。勉強勉強。

毎週、先生と本読みをします。

読む本は、
「量子光学」
って本。
量子的な光を扱います。

なんと、ここでも場の量子論に出会ってしまいました。

第二量子化、やるな・・・。



さて、ここでうって変わって重力の話。

重力って地球上で、同じ高度なら一定な気がしますよね。
いいえ。遠心力があるので、緯度が関係あります。
ということは、同じ緯度同じ高度なら重力は一緒?
いいえ。

違うのです。

重力の強さの地球上での分布は以下の図のとおり。

gravity

さて、下のバーの数字は重力変動を表しています。
単位は[mGal]。980Galで1Gね。
つまり、単位で書けば[Gal]=[cm/s/s]です。
[mGal]は[Gal]の千分の一。

基準となる重力からの変動を[mGal]であらわして、色にしてるんですね。

こういった分布をとる理由はわからないようです。

俺が思うに、地球内部の質量分布の違いですかね?
見るに火山地帯が重力が強いようですから、マグマが地表近くまでくるぶんの影響ですか。


そうすると、青いのは・・・。なんでしょうね・・・。
海溝関係だとしたら、日本海溝が青くないのはおかしいですし。

地球っておもしろいですねw
ニュートン法
明日、所属研究室が決まりそうですよ、っと。

今志望してるとこに決まったら明日さっそく飲みだそうで。
楽しみです。



さて、今日はニュートン法について。

五次以上の代数方程式は普通(超越的でない)の解析解を持たないことは有名です。

だけど、そんな方程式の実数解を探す必要があったら?
もしくは、3・4次方程式の解の公式を忘れてしまったら?
他にも任意の解析解のない方程式を解きたかったら?

ニュートン法がおすすめです。


方程式から、「自動的に解に収束する」数列を作る漸化式を作るやりかたです。


式自体は簡単で
f(x)=0
が解きたい時に、漸化式は

a_{n+1}=f'(a_{n})*(x-a_{n})+f(a_{n})

です。_{n}は数列の番号をあらわしています。


問題は初期値ですが、
解の付近(これは荒い近似でOK)を探すだけです。

最初の動きに差はでますが、正確な解の大小どちらをとってもかまいません。

あとは、関数電卓でパーーーっと。
収束しなかったなら、初期値がまずいってことです。



この方法、地味に使えますよ。

特に俺が使うことが多い場面は、プランクの放射公式のピーク波長を求めるとき。
解析解ないですからね。
あと、数列計算を繰り返すだけで好きな精度で計算できるもんね。

それからこの計算、けっこう収束速度速いです。
普通の関数電卓の桁数なら数回で収束してしまいます。


任意の方程式の数値計算解を求めてくれるプログラムってあるのかな?

ニュートン法のプログラム作るかw
半逆転
そろそろ、ほんとに時間感覚元に戻さないとなぁ。



さて、さいきんニコニコで熱いものがあります。

ニコニコ全体では知りませんが、俺は注目してます。

と、いうかあわよくば参加しちゃいたいくらいです。



それは、「phun」というソフトを使った各種プロジェクトです。



言葉で説明すれば、2Dの物理演算ソフト。
演算とか言っちゃって、難しそうだけど、動画見れば一目瞭然。

Let's youtubeかニコニコで「phun」検索!

ニコニコ
youtube

ほーら、やってみたくなった。



でも・・・このソフト、なぜかこのPCで動かず・・・。

しょうがないから、親のPC借りて明日やってみる。


アリー・ヴェデルチ!
嘘は嘘を呼ぶ。
いや、ただそうだよね。ってだけ。



昨日はエイプリルフールでした。

家でとってる新聞では、日本の大手新聞で唯一エイプリル記事を組むらしいんですが、
その記事の準備に半年以上かけるとか。
関係者への許可etcで。


さて、エイプリルフールってヨーロッパ発祥なのね。
バレンタインみたいに、日本の曲解が発祥かと思ってた。
まぁ、考えてみれば、チョコみたいに企業がからまないし、
「嘘をつく日」とかいうセンスは日本人っぽくないよね。

もともとは春のはじまりである四月一日を祝う日なんだってね。
グレゴリオ暦の新年一月一日を公の新年にしようとしたフランスの王様に庶民が反発して、
四月一日に「ウソの新年」を祝うようになったのが元々だとか。
商店が看板を交換して一日すごすんだって。おもしろいね。
果物屋の看板で靴を売ってたり。

イギリスでは、新聞のウソ記事には「ウソ」ということを明記しないんだって。
すごい!

2004年のアインシュタイン生誕100周年の年のエイプリルフールでは、
「特殊相対論が破れた!」
って記事が載ったらしいよ。

簡単な思考実験で、特殊相対論の矛盾を指摘したらしい。


さて、紹介。


長さがLよりちょっと長い棒が長さLの隙間に入るか!?


って問題。太さは無視して。ポイントは棒はめっちゃ速く動いてるってところ。(図の矢印)

   棒    _  →
 隙間________  ____________


こんな感じね。

さて、相対論を少しでもやったことがある人は、
隙間を静止系にして、棒に貼り付けた慣性系との変換を考えれば、
静止系では棒がLより短くなるのが計算できます(ローレンツ収縮)。
速さにもよるけど、まぁ十分速かったら、隙間よりは棒は短くなります。

よって、棒は隙間を通る。

さて、同様に棒を静止系にしたら?
今度は隙間の系がローレンツ収縮を起こします。
よって、隙間はLより短くなります。

よって、棒は隙間を通らない。


一方の見方では通るけど、一方では通らない。

これは矛盾だ!!


っていうことですね。

じつはこれ、矛盾してないんですが、わかりますか?

物理やってる学生としては騙されないようにしたいものですw
(相対論の先生が授業でも紹介してましたね。)

ヒントは同時性と、隙間を通るということの意味。
あ、剛t・・・なんでもないです。


結論だけ言うと、通れます。

ただ、厚さが少しでもあると、
下方向にも大きな速度を持たないと隙間に引っかかっちゃうので、
実験は難しいかな。

そもそも、
「通る通らない」がトンネル効果を考えないで済む規模の物体を光速に近づけて、
さらにそれを制御するなんて、今の技術じゃとんでもない話です。

お、相対論の話で量子力学でてきたwうれしいですww



まぁ、これもこれですごいですよね。
「短く見える」わけじゃなくて、「短くなってる」わけですから。速く動くだけで。


さて、今日はこんなもんで。

さいきん毎日夜更かしです。
Copyright © 明日できることをなぜ今日するのか. all rights reserved.