FC2ブログ
広島焼きうまーーい
今日は大学近くのお店で、友達と広島焼き食べました。

ちゃっかり、ビールセットw

最高ですな。至福のとき(おやじくさいw



ところで、最近は一般相対論がんばってます。

まだ、相対論の準備段階ではありますが、この時点で感動を覚えまくりです。


重力が、

四次元空間での超曲面にたいしての電磁気的な力の反作用、と

考えられるところなんか、読んでて思わず震えちゃいましたよ。


なぜ、人は重いものを押すときに押しにくい(加速させにくい)と考えるのか!?

とか。

重さと加速されにくい性質とは一見して違う性質のようです。

しかし、ニュートン力学をちょっとでも知ってる人はいうでしょう。


ma=F=mg

なのだから、重さと加速されにくい性質とは一緒なのだと。


だけど、上式の最右辺と最左辺のmが同じであることは果たして言えるのでしょうか。

加速されにくい物質ほど、重力を強く受けるというのは自明ではありません。


ですが、この二つのmは実験的に’ほぼ’一緒であることがわかっています。

しかし、それは偶然なのでしょうか。


これは、相対論から導くことができます。

物質(光も含みますが)は四次元の曲面をまっすぐに進むということが言えるのです。

四次元を直線上に動くのですから、地球が原点で静止するような系では当然いかなる物質も同じ加速度で原点へと'落ちて'いきます。

よって、まず a=g がいえるのです。

なので、上記の二つのmは一致します。

最初に、同じ加速度で落ちるというのがあるのです。


まだまだ相対論の最初の刹那ぐらいしかやっていませんが(それすらも理解できたかどうか・・・いや、できてないな)、これからもっともっと勉強していきたいです!!
スポンサーサイト
Copyright © 明日できることをなぜ今日するのか. all rights reserved.